叔母のガン発見から完治まで

叔母のガン発見から完治まで

数年前、叔母に乳ガンが見つかりました。早期発見だったのですが、がんのある場所が悪く切除手術になりました。その後、放射線治療そして投薬治療を行いました。
信頼できるがん治療をお探しならこちら!
やはり当事毛髪が抜けてしまったのでウィッグを着けて過ごしていましたが、もともと明るい性格の方なのでいつもにこにこしていたという思い出があります。
こちらから免疫治療について知ることが出来ます。
その後、半年に1度づつ検査を受けていました。月日がたつにつれ検査の間隔も開いていきました。
気になる方は免疫細胞←こちらをクリック!
そしてガン発見から5年が立ち投薬治療が終了しました。ホルモンの薬を飲んでいたため終了するときは
「今度は更年期障害になっちゃうんじゃないかしら」なんて明るく冗談を言っていました。
話題のがん治療 先進医療についてわかります。
乳ガンは術後五年間の再発がなければ生存率がぐんと高くなります。叔母も無事に五年後を迎えてくれて、ほっとしています。
放射線や長い投薬治療を乗り越えて今をいきいきと健康に美しく過ごしている叔母が大好きです。
知りたいがん治療 免疫細胞療法についてはこちら!
月並みですがこれからももっと長生きして欲しいと思いました。